プリンが倒れた朝

2週間前に出血があり病院へ行きました

子宮蓄膿症の疑いです


皮下注射をして少しずつ元気に。

ごはんは食べたり食べなかったりでしたが、散歩に行けるまでに回復


ところが先週末、再び力が入らなくなってきました

月曜日、予約を取りに病院へ行くと

「本日の予約は終了」の貼り紙

それは致し方ないと諦め

火曜日、病院へ行ってみると

またまた貼り紙が。


プリンの状態は明らかに悪くなってる


開始とともに病院へ行き状態を説明


なんとか時間外に診ていただいた


鍼などと魔法の注射をしていただき帰宅

少しごはんも食べて一安心して就寝しました


今朝もいつもと変わらない様子

1陣の散歩が終わり、

さあぷーちゃん行こうか!


いつものようにハーネスを着けて少し歩くと急に止まった

プリンは車や人が来ると止まるので、それかと思って歩こうとしたら動かない

あれ?と思った瞬間

バタッ


幸い家の近くで慌てて帰宅

先生に連絡して指示を待ちました


首が曲がり硬直している


ぷーちゃん、ぷーちゃんと声をかけ

首を伸ばし背中をさする




瞳孔が開いている


ぷーちゃん


息は、、、大変だ


背中を軽く叩いた


プリン、だめ

帰りなさい、プリン


フッと息をしたプリン


良かった



しばらくぼっーとしていた


私も息をすることを忘れていたようで

頭が痛い



怖かった

本当に怖かった


必ず訪れる瞬間が近くなっているのだろうか


でも、プリンは生きてる

生きて、プリン



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示