心が痛くなる


避難をされている方々の映像に時折ペットが映される

攻撃されている都市に残る方々の映像にもペットが映される

彷徨っている犬もいた


人間は現状が理解出来て、いろんな事を鑑みて先を決められる

しかし、ペットは違う

家族と一緒にいるしかない


動物は生きていきたいと思わないといわれる



先日、深夜に地震があった

一緒に布団で寝ていた我が子たちは布団から顔を出して主人と私を見ていた


揺れがおさまりお客様方に一人ひとり連絡をしてペットさんの様子をお聴きした

連絡を終え布団に戻るとわんずは安心して目を閉じた


飼い主さんといるのが安心なんだよね


侵攻された国の動物たちはどうしているのだろう

爆撃の先に動物がいるだろう

飼い主と離ればなれになった子

置いて行かざるを得なかった子


人ばかりでなく

動物たちの命をも奪われる


青い空と黄色の花


早く終わって



閲覧数:0回0件のコメント