誰が悪いのか


先日とあるブリーダーが摘発されました。



600頭と申告しながら1000頭以上いたとか。

記事には読むに堪えない残酷な現状が書かれていました。


そもそも600頭を飼育するのはひと山を開拓したぐらいの土地が必要と思われます。それを都道府県は認可していたのだから、ずさんなことです。


情報提供で分かったって、大体平米数みて頭数をあてて分からんかったの?


気付かないということは、それだけ、多いってことですわ

ブリーダーが。



我が家のわんずはペットショップから来ています。

今だったら買うことは絶対にないでしょう。

「知らない」と言うことは本当に怖いことだと思います。

血統書を見ても今だったら、なんだ、こりゃとショップに殴り込みに行くと思います。

「健康」とあっても我が家の子達は異常がありました

ショップの契約書には6ヶ月以内は返品可能と謳ってあります。

生き物を、です。


長男犬は膝が悪かったです

長女犬は喉が悪かったです

次男犬は先祖に異種が入っています

末っ子は睾丸が下りませんでした


ペットショップに並ぶ子達は壮絶な道のりを経てそこにいます。

何かの理由で返品された子は何事もなく別のショップにならんでいるやもしれません。


そして目の前のそのかわいい子達の親もまた、壮絶な犬生を送っています


SNSで、ブリーダーが悪い、買う人が悪いと投稿を目にしました。


ちょっと待ってください

私達はペットのシッターです

ペットショップで購入した子のお世話を断わりますか?

断りませんよね。

それどころか、お世話しましたぁってご紹介していますよね?

その投稿を見て、かわいいとショップに行く方も居られるのではないですか。


そのブリーダーは許されるべきではないと思います。

しかし、その道筋に加勢していることも自覚するべきではないでしょうか。


悪いことをする人は、きっと畳の上では死ねないと思っています。



政治は自分達のことばかりで、この小さな声にならない声に耳を傾けてくれてはいません。

テレビもまた、同じ。視聴率が取れそうな内容ばかりでアテにならない。

この事件で更に私のやるべきことを深く考えることが出来ました。


人脈と金脈があれば、、ですけど。




閲覧数:0回0件のコメント