一期一会



昨日はとても悲しいお別れのご報告を頂きました。


始まりは8月1日の夕方

1本のお電話からです。


介護のお問い合わせでした。


病院に行かれる前のご様子


「私はもう自宅におりますので、終わってお帰りになってからご連絡ください」

そう申し上げ電話を切りました。


19時過ぎにご連絡を頂いた内容は

本当にお困りでした


私に出来ることがあるのならば


お疲れのところ申し訳ないと思いましたが、急を要するに内容でしたので20時にご訪問し、飼い主さんとペットさん(あえてこの表現にします)にお会いしました。

しっぽを少し動かしてくれます。


お迎え、ありがとうね


1時間ほど飼い主さんとお話をして帰りました。


ペットさんに

明日くるからね。よろしくね。

そう言って帰りました。


その日のうちに、2日は飼い主さんのご家族がお世話されるとのことで、見合せとなりました。

ご家族といる方がいいに決まっています。


飼い主さんから、改めて3日の水曜日からとお話を頂きました。


そして、夕方、飼い主さんからの1通のライン



飼い主さんのお気持ち、おつらいと察します。

それでも私に対してのお気遣いされる飼い主さん


たった一度、たった1時間

数多ある中から、私のお店を見付けてくださり、お会いできた奇跡


飼い主さんは介護を頑張ります。


どうか、その頑張りのお力を少し抜いて

その抜いたところを私たちシッターで埋めてください。


そのために私たちシッターはいるのだと思います。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仔猫